こはるさまはハリネズミ。

ハリネズミ こはるさまの備忘録です

全身の腫物治療-8-

2016/9/19にA病院へ。

状態全く変わらずだったので7.5は省略です。

f:id:nxcoharu:20161009231912j:plain

最近よく膝で寝てくれるようになりました。というのろけ。382g。

相変わらず口の両端、左前後脚、背中、陰部の炎症がじゅくじゅくしており、

最初効いてるのかなーと思っていた薬も結局効いてないねということに。

もうずいぶん長い間この状態が続いているので、ここでがっつり検査することに。

 

全身麻酔をかけ、患部を切り取って病理検査に出し、

切り取った部分を縫合するという手術のようなことをすることになりました。

全身麻酔をかけるついでに、最近くしゃみをしていたということもあり、

CTも撮ってもらうことにしました。やるなら徹底的に!

 

真菌の薬が効かず、ダニも駆除済みのはずなので、

病理検査で何も出てこなければ免疫異常的なものかもしれない、という先生の見解。

初の麻酔なのでハラハラそわそわしながらこはるさまをお見送り。半日検査入院です。

 

お昼にこはるさまを預け、16~17時頃には麻酔から覚めたとのことでお迎えへ。

CT検査の結果、内臓系には特に異常は見られませんでした。

病理検査の結果はまた2週間後。もどかしい・・・!

 

f:id:nxcoharu:20161009232834j:plain

帰宅後のこはるさま。よく頑張りました!

縫合したところが痒いのか、引っ掻くわ擦りつけるわでシーツが血だらけに…

抱っこしたら落ち着いてくれて、幸せを感じてしまいました。

 

明細!

・お預かり料?(手術費前払い) 10,000

全身麻酔 10,000

・パンチバイオプシー(3部位) 9,000

・病理検査費 18,000

・CT検査 10,000

・内服薬(抗生剤) 1,400 +税

 

私のお財布も頑張りました!ってかんじですね!

この時だけは社畜でよかったなあと思いました

全身の腫物治療-7-

2016/9/3にA病院へ。

 

口の右端だけは良くなってることから、薬が全く効いてないわけじゃないと…

前足や後ろ足はこはるさまが自分で噛んだり舐めたりしているので、一向に良くなりません。

口の端も引っ掻いたり床に擦り付けたりしてますし。

でも噛んだり舐めたりを防止する策はない。。。

ということでこのまま同じ投薬を続けることになりました。

 

おこ

f:id:nxcoharu:20160917165832j:plain

背中もはげちゃってます…

f:id:nxcoharu:20160917170153j:plain

 

明細!

・内服薬(抗生剤) 1,400

・内服薬(抗真菌剤) 1,400+税

全身の腫物治療-6.5-

抗生剤と抗真菌剤を飲んでいる2週間の経過写真。

 

8/21

f:id:nxcoharu:20160917164137j:plain

f:id:nxcoharu:20160917164229j:plain

 

8/23

f:id:nxcoharu:20160917164324j:plain

 

8/24 あばれこはるさま

f:id:nxcoharu:20160917164411j:plain

 

8/25 右側の口端だけちょっと良くなってきたような

f:id:nxcoharu:20160917164542j:plain

 

8/28

f:id:nxcoharu:20160917164707j:plain

右だけだいぶ良くなった!

f:id:nxcoharu:20160917164749j:plain

左と足は相変わらず・・・

f:id:nxcoharu:20160917164906j:plain

 

8/29 じわじわ増える体重。嬉しい

f:id:nxcoharu:20160917165008j:plain

f:id:nxcoharu:20160917165127j:plain

 

8/31 毎日元気に回してます

f:id:nxcoharu:20160917165226j:plain

 

9/1 全然良くならない左側。。。

f:id:nxcoharu:20160917165333j:plain

 

9/2 体重が増えてどや顔のこはるさま

f:id:nxcoharu:20160917165451j:plain

 

口の右端だけ良くなって、他は悪化したかなという印象。

2週間経ったので病院へ。

アンティング

通院記録が追い付いたので、

撮りためてあった写真をぽつぽつ公開していきたいと思います。

 

今回はこはるさまのアンティングシーン。

初めて見たときは衝撃ですよね。。。でもかわいい。

 

f:id:nxcoharu:20160828114551j:plain

 

f:id:nxcoharu:20160828114651j:plain

 

なかなか写真におさめられる機会がないアンティング。

2枚しかなかった。。。

新しいエサやお薬と食べた後や、へやんぽした時にたまにしてますね。

全身の腫物治療-6-

2016/8/20にA病院へ。

当日朝の様子

f:id:nxcoharu:20160821151223j:plain

患部の赤みがちょっと治まってかさぶた感が増してる気がする・・・?

 

前回から酷く悪化はしていないので、

B病院でもやりましたが改めて皮膚の検査することに。

麻酔は無しの、スタンプ検査?だそうです。

検査の待ち時間は長かったですが、大きめの病院なので病院内で検査結果が出ました。

 

やはり患部からは酷い炎症反応しかでず、腫瘍等ではないとのこと。

炎症の原因としては、カビの可能性が高い。

普通カビの検査では毛を採取するが、背中の針からはカビ確認できず。

(腕や陰部の産毛は丸まってしまって採取できなかったようです。)

 

B病院でも初めの1週間抗真菌剤を服薬していましたが、

スタンプ検査結果でカビが検出されなかったのと、飲んで効果がみられなかったため、

カビの可能性を消していました。

しかし、A病院の先生いわく、

カビの治療はそもそも2か月前後かかる長期的な治療になるそうで、

1週間の投薬で判断することは難しいとのこと。

 

さらに、以前の顔周りの治療時にも口の両端に症状が出ており、

このとき「抗生剤、抗真菌剤、ステロイド」を服薬していました。

6月下旬に一旦完治したので、ステロイドが効いたのかなと思っていましたが、

実は抗真菌剤の方が効いていたのでは・・・?という結論に。

 

よって、カビの可能性を疑って治療していくことに。

何か悪性のものであれば、もっと症状の進行や早く深刻になっているはずらしく、

今回は長期的に同じ症状が続いているため急を要する状態ではないそうです。

患部の状態も、医学書に載っていたカビ起因の皮膚炎に似ているとのこと。

 

カビと聞いて飼育環境が心配になった飼主ですが、

ゲージや飼育環境で発生したものではなく、

おむかえ時から持っていたものである可能性が高いそうです。

 

8/14から8/20までの1週間「抗生剤、抗真菌剤、ステロイド」を服薬していましたが、

8/20から2週間は「抗生剤、抗真菌剤」を服薬することになりました。

ステロイドの消炎効果がないとまたひっかいちゃったりしないかなとちょっと心配・・・

 

f:id:nxcoharu:20160821153806j:plain

採取時に触られまくって針ナマコと化したこはるさま。どっちが頭やら

f:id:nxcoharu:20160821153855j:plain

激おこ!

 

急を要する状態ではないとのことで、ちょっと一安心しました。

が、かなり長期間不快な状態で過ごさせてしまったのが不甲斐ないです…

原因がカビだと良いのですが。効きますように!

 

明細!

・皮膚検査費 2,000

・内服薬(抗生剤) 1,400

・内服薬(抗真菌剤) 1,400+税